CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
今日の和室から
0

    障子越しの

    柔らかな というか 仄暗い光で目にした色が

    とても綺麗だったもので

     

    instagramにも同じ写真をあげたのですが

    2005年にリリースされた

    映画 THUMBSUCKER のサントラを

    流しながら作業を

     

    サントラの最後を締めくくる

    Move Away And Shine が 私にとっては

    光の射す方へ(自分が信じる道へ)

    疾走しているかのように

    向かって進んでいるイメージ

     

    youtubeで

    この曲のライブ映像が観られるのですが

    (観客の雄叫びが少々強め)

    とてもロックで

    とてもポジティブな気持ちになりました

     

    | つぶやき | 19:44 | - | - | pookmark |
    とてもどうでもいい話と最近の縫製報告
    0

      友人のご友人が結婚することになったそうで

      「奥さんの年齢 幾つだと思います!?」

      と問われたので

      「!?」の語尾感からして 差があるのだろうなと

      友人のご友人は41歳とのことなので

      「12歳くらい離れてるとして…29歳とかですか?」

      と回答したら

      「それどころではない」と言うので

      そもそもぴったり当てることを放棄している私は

      「19とか」と言ったら

      「そこまでは…」となりました

       

      25歳/16歳差 が正解でした

       

      年齢差は話題性ありますし

      やっぱり若い娘の方が

      幾つになっても盛り上がるのかな なんて

      その後 若干苛苛してみました

       

      私に16歳下の相手が仮にできたとしましても

      お互い 罪に処される年齢ではないので

      何も問題はないのですが

      えー?本当に?なんで?って心配になりそうです

       

      全部【仮設定】で妄想の話です

      どうでもいい話です

       

      20年前に買った服とか

      何も気にせず今も着ているし

      中と外とか

      自分はおとなになれてるのかなーなんて

       

      よくわからなくなった時の書籍巡り

      『おとな論』を幾つか読んでみました

      まあ 数字がいくつ増えようとも

      人間はその時その時あやふやである模様

       

      ま そうですね

       

      そう言えば 16歳差と言っても

      16歳上は考えなかったな

      私も自然と若い方を想像するなんて

      おお嫌だ!!

       

      キッズサイズのエプロンシリーズ

      100cmサイズのかっぽう着

      笑っちゃうくらい小さくて可愛いです

      お料理のお手伝いは

      まだちょっと難しいかもしれないから

      粘土遊びの時にいかがでしょうか

       

      100cmサイズくらいのエプロン

      かぶるだけのデザインです

      大人エプロンに使用しているリネン生地だから

      色がとても地味です

       

      同じく「かぶるだけ」デザインですが

      こちらは120〜140cmサイズ相当かと

      私(154cm)もパツパツで試着できましたが

      イメージとしては金太郎の前掛けみたいでした

       

      こちらの3型

      特にオーダーを頂いた訳でもなく

      好き勝手に作りました

       

      需要皆無・供給過多・在庫過剰な

      使いどころがない母性で

      好き勝手に作りました

       

      出来上がりをつるしていたら

      「チューリップとか新幹線の刺繍でもするの?」

      と聞かれたのですが

      そういったエプロンは既出なので

      私が作る必要はないです

      私が作るのは地味なエプロンです

       

      好きなアップリケをプラスして

      自分の1枚を楽しんでもらえるような

      そういうのです

       

      「こども」主体のイベントに

      出店便乗参加の際 持っていきたいです

      | つぶやき | 17:17 | - | - | pookmark |
      暑中お見舞い申し上げます
      0

        暑中お見舞い申し上げます

        8月7日が立秋

        秋という字を見るだけで

        気分が少し紛れます

         

        上弦15%の月

         

        最近 白が気になりがちで

        白というか生成りなんですけど

        それもあって

        白ばかりを

        作ってみたい気もしてます

        | つぶやき | 19:30 | - | - | pookmark |
        THINKING FOR YOURSELF
        0

          安野光雅さんの絵が好き

          エッセイが好き

          その両方による1冊なら

          当然好き

           

          『かんがえる子ども』

          紙の表紙(というの?)を外した

          内側もとっても素敵

           

           

          THINKING FOR YOURSELF

          英題として表記されていました

           

          「かんがえる」ことが好きです

          ついこの間まで

          「かんがえる」と「なやむ」が

          ごちゃ混ぜになっていましたが

          最近ようやく分別できている感

          | つぶやき | 19:40 | - | - | pookmark |
          とりと とりあう
          0

            鳥と 取り合う

            最近の私のおやつ

            摘んで 洗って

            そのまま食べるのが好きです

             

            今年は大豊作

             

            今日は友人親子を招いて

            狩りを楽しんでもらいました

            食べきれないしね

            喜んでもらえるなら何より

             

            集金にいらした

            ご近所さんにも狩りを楽しんでもらったところ

            メロンを貰ってしまいました

             

            わらしべ

            わらしべ

            | つぶやき | 20:43 | - | - | pookmark |
            ファンタジーのある暮らし
            0

              monasuky 梶浦さんの展示へ

               

              Seiko Kajiura Sculpture&Accessaries
              梶浦聖子 彫刻 アクセサリー展
              2018年6月29日(金)〜7月9日(月)
              *7月4日(水)と7月5日(木)はお休み
              11:00~18:00 *最終日は16:00まで
              GALLERY GOHO
              ギャラリー五峯
              167-0022
              東京都杉並区下井草2−40−16 2F
              TEL 03-3395-9956

              色々な生きものが居て

              とても楽しかったです

              梶浦さんの作られる造形のみならず

              色彩や文字

              ネーミングやその背景であるストーリーも全て

              私はとても惹かれているので

               

              何がどうなってか 梶浦さんが音源を出そうものなら

              その歌声まで買ってしまいそうです

              金属・紙・布

              どんな素材も楽しんで創られたものに合うと

              「好きに作ることは とても自由で楽しいことなんだ!」

              と 清々しい心持ちになります

               

               

              片羽で子を抱え

              片羽で飛ぶ

              愛を感じるブローチを

              選びました

               

              ファンタジーのある暮らし

               

              そんな日々でありたいです

               

               

              帰り道に寄った

              大型商業施設の人の多さ

              物がたくさんあるのに

              財布のがま口は開くことなく

              空腹を軽く満たしたかったけれど

              ひとりで食べるのが

              大チャレンジのような環境

              帰り道に寄った

              馴染みのスーパーで

              20%OFFシールの貼られた夕飯を

               

              布を染めたり

              染め布ではないリネン生地のエプロンを作ったり

              観葉植物を愛でたり

              夏はひっそり過ごす予定です

              | つぶやき | 14:29 | - | - | pookmark |
              展示 ありがとうございました
              0

                埼玉 熊谷の金子古家具店さんでの

                9日間の展示を終えました

                 

                ご覧くださった皆さま

                ありがとうございました

                 

                入り口にあった画像の黒板看板は

                器のengoroさんによるものでした

                 

                23(土)は 作品展示に加え

                3つの1日限定を行う日で

                 

                1つめ

                織のkoiketamaさんには

                織り機を持ち込んでいただき

                織り体験の受付を

                koiketamaさんには

                柿渋染のカシュクールエプロンを

                着用いただきました

                今回の展示に向けて作ったエプロン

                お似合いで嬉しかったです

                 

                2つめは

                つばめベーグルさんのベーグル販売

                念のため記載しておきますと

                お会計担当は↓金子古家具店 店主の金子さんでした

                背中から感じられる

                「ただ座ってる」感(笑)

                 

                会場店主がベーグル会計担当を

                お引き受けくださったので

                私たちは 展示と体験に勤しむことができました

                 

                3つめ

                川口市からご参加

                greenshareさんによる苔玉の販売

                購入しちゃおうか迷ったのですが

                3つめになるので苔玉は見送って

                私は今回

                engoroさんの鉢に植え付けてくださった

                サンバーストを選んで購入しました

                 

                greenshareさんからは

                センキヤ菓子店さんの焼き菓子を

                お土産にいただきまして

                佇まいが可愛らしいので

                engoroさんの器に乗せて撮ってみたり

                 

                koiketamaさんの織

                engoroさんの器

                私の染

                 

                3人の作品と 植物と 古家具

                「合うね」というお声 うれしかったです

                 

                部屋のような空間で

                ゆっくりと楽しんでいただけたなら

                良かったな と思います

                 

                使い方は

                使う方に委ねる

                染め布と織り布

                 

                夕暮れ時

                布の上に器を乗せて

                活動初期の頃から

                私の作るものを見てくださっている方に

                最近手がけ始めた

                衣を気に入っていただけたこと

                嬉しかったです

                自信になる〜

                 

                ありがとうございました

                | つぶやき | 20:25 | - | - | pookmark |
                はや
                0

                  父の十三回忌を終えた

                   

                  私にとってはいつまでも「父」なわけで

                  甥っ子による

                  「おじいちゃんとの想い出はー」

                  の切り出し方には

                  ちょっとグッときた

                   

                  少ない人数が集った場は

                  故人を偲ぶ のを忘れ

                   

                  スカートにタイツ履いて

                  カツラかぶって

                  甥っ子が体育祭で女装して踊った

                  それがけっこうかわいかった(義兄談)という話で

                  私は本気で笑いました

                   

                  ある作家さんからのメールは最後にいつも

                  「よい一日を」

                  という言葉が添えられていて

                  そのおかげで

                  清々しくメールを読み終えています

                   

                  また明日

                  よい一日を

                  | つぶやき | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
                  にじむ
                  0

                    いわさきちひろの生誕100年

                    期間入れ替え制で

                    7組の作家が「Life」をテーマに

                    コラボレート展示を開催している

                    ちひろ美術館へ

                     

                    東京では現在

                    ファッションブランドの

                    spoken words projectによる展示

                     

                    学芸員さん+

                    spokenデザイナーの飛田さんが

                    ギャラリートークをされる日に

                    伺ってきました

                     

                    にじむ かさなる色

                    spokenの布地は

                    1点1点 手がけられているものが主で

                     

                    「タイトルのようなものは

                    つけようと思えばあるのだけれど

                    今回はあえて表示していない」

                    観る者に自由を残す

                    その感じがとても心地良かった

                     

                    人生で初めて参加したワークショップが

                    spoken words project で

                    「自分で染めた布でトートバッグを作る」

                    という内容で

                    シルクスクリーンで模様を描いたのでした

                     

                    今思えば

                    「自分でつくることの充実感」とやらを

                    実感したのがこの時だったのかもしれません

                     

                    当時 ミシンのない部屋に住み

                    会社員だった私

                    それからいろいろあって

                    染めたり縫ったりしている私

                     

                    ある一定の期間に必ずやってくる不安ってやつに

                    打ちのめされかけていた最近

                     

                    抽象的な色を眺めて

                    飛田さんの話を聞いて

                    自分の仕事を自分が受け入れなくてどうする と

                    少し 前向き 上向き

                    ちひろ美術館を後にして

                    別の場所へ

                     

                    居合わせた皮革作家さんと立ち話

                    弱音も話せて

                    気が軽くなったなー

                     

                    自信が無いなんて見えない

                    なんて言われちゃって

                    あたしゃどんな人間なんだ と

                    カッコつけているのかな

                    殻かぶってるのかな

                     

                    超・水っぽくてヨワヨワで

                    塩かけられたら溶けますよ

                    そうそう私ナメクジみたいなんですよ

                    あはははー

                     

                    という話のオチが

                    思いもよらず真実に辿り着いた感じです

                    優しいもの

                    美しいもの を

                    目にしていきたいものです

                    | つぶやき | 17:22 | - | - | pookmark |
                    涼しいのかい?
                    0

                      ふらふらしながら

                      生き物を発見するセンサーの能力を

                      出来ることなら別の何かに使いたい

                       

                      暑かったね

                      そこは涼しいのかい

                      時間をおいて様子を見に行ったら

                      向きが変わっていた

                       

                      18時過ぎにまた様子を見に行ったら

                      もう居ませんでした

                       

                      玄関前のバラが

                      超絶に満開中です

                      | つぶやき | 18:44 | - | - | pookmark |
                      | 1/24PAGES | >>