CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
Ohana
0

    友人からいただいた

    ガーベラの花束

     

    ガーベラ好きなので

    いつまでも眺めていられます

     

    母も

    画質が悪い+画面が小さいガラケーで

    パシャリパシャリと

     

    母のお兄さん(つまり伯父)は

    農業一筋の人で

    住む近くに有名な温泉地があるけれど

    温泉でゆっくりもせず

    農業一筋だったようです

     

    病をきっかけに

    今は農仕事をほとんどしていないけれど

     

    自然と向き合い

    愚痴をこぼさず

    淡々とひたすらに

     

    私もいつか

    そんなことを背中で語れる人間に

    なっていけたらいいな…ははは

     

    なんてことを

    知り合いが出る

    「ファーマーズマーケット」の語感から

    ぼんやり考えたのでした

    | つぶやき | 14:41 | comments(0) | - | pookmark |
    いい日旅立ち
    0

      10/15に書いた「惑星のような器」の

      続編のような内容です

       

      はじめて

      益子陶器市に行ってきました

       

      気になる器があったら止まる

      散歩のような陶器市巡り

       

      多くの出店テントがひしめく中

      今成誠一さんの出店場所に

      巡り着いてしまいました

      器代を渡し

      今成さんがお財布からお釣りを取り出すため

      持ち上げたバッグは

      6年前に物々交換した

      私が作ったバッグでした

       

      それ作った人ですー

      お久しぶりですーなんて

      素性(?)を明かしたら もう楽しくて

      覚えていてくださったこと もちろん

      ボロボロになっても

      使い続けてくださっている

       

      はー・・・

      今日はいい日だった

       

      渋さがたまらないお鉢を2点

      気持ちが高揚して

      焼き締めのお鉢

      「これもください」

      染み込みを気にしないで

      汁や油が入り込むことで

      1年くらい使い続けたら

      艶が出て味が出るよ

       

      楽しみ!

       

      やはり

      父よりはお若かったです

       

      そして

      新たな道を歩み始めた彼女の

      お弁当をお土産に

      味付けが優しくて

      「美味」 という言葉がとても似合う

      美味しいお弁当でした

       

      ちょっとした小旅行

      東京に住み

      東京で仕事をしていた頃

      気持ちが低迷している時などに

      都庁の展望台を訪れていました

       

      目的はビル街の夜景 ではなく

      下の方に小さく見える人々の姿

       

      「人って小さいな」

      そんな気分転換

       

      陶器市の前日に宿泊したホテル

      通された部屋は最上階でした

      小さい人々が

      あっちへ行ったり こっちへ行ったり

       

      久しぶりに展望台へ行きたいと

      思っていたので

      その気分が味わえました

       

      また小旅行できるように

      明日からの日々を

      こつこつ

      | つぶやき | 19:22 | comments(0) | - | pookmark |
      惑星のような器
      0

        出店をはじめて間もない頃

        益子の地で

        陶芸家さんと

        お互いの作品を

        物々交換しました

         

        父ほどまではいかないものの

        歳が離れ イコール

        制作年数が長い陶芸家さんには

        良くしていただきました

         

        私の作品よりも

        高い価格が付いていたような記憶ですが

        心に強く惹かれた器を

        いただきました

         

        気に入っている少ない器で

        なんでもかんでも盛り付ける私なので

        土に還りかけている箇所が

        現れてきました

        (気にせず使っていますが)

        小宇宙のような

        荒々しい土の塊のような

        噴火口のような

        惑星のような器

        ゴツゴツして ザラザラして

        のびのびとしていて

        大らかで 素朴で 力強くて

        大地のような雄大さを感じる器

         

        最近あまり見ないです

        こういう器にまた出会いたいです

        持参おやつのバターロール

        とりあえず入れて見ましたが

        器の存在感よー

        | つぶやき | 12:16 | comments(0) | - | pookmark |
        khadi and sunflower
        0

          しばらく会っていない子が

          わたしの鞄を使い続けてくれているのを

          別の人のインスタ越しに見かけて

          すごく嬉しかった

          またどこかで

          ばったり会えたらいいと思う

          元気なら

          なにより

           

          | つぶやき | 12:19 | comments(0) | - | pookmark |
          機能性 人それぞれ
          0

            画像は

            柿渋で染めた布ではなくて

            国内生産の麻生地で仕立てたエプロン

             

            いつも(私の定番)は

            フロントに2つ・右横に1つ

            ポケットがある仕様

             

            パンを焼く人によると

            フロントにポケットがあると

            粉が入り込んで結構凄いことになるそうで

            右横に1つだけ で つくったり 

             

            いつも(私の定番)より

            20cm長い丈の

            ご要望が多かったり

             

            たかがエプロン

            されどエプロン

            そんな想いを共有している感じ

            興味深いです

             

            久しぶりに会った伯母から

            健康第一よ

            無理しないでね と

            | つぶやき | 21:42 | comments(0) | - | pookmark |
            皐月
            0

              小指の爪ほどの

              可愛らしい新葉が

              ちょびちょび生え出したユーカリ

              あまりの小ささに

              思わず出た笑み

              夏の間

              ぐんぐんと伸びていくのでしょう

               

              元気出た

               

              図書カードをいただいたので

              本を選ぼう!と書店に

               

              珠寶(しゅほう) / 『一本草』

              ご自身のことを 草木花に仕える者として

              花士 -はなのふ- と

               

              珠寶さんの言葉が美しくて

              さらさらと読み進められます

               

              添えられている写真からは

              静寂が伝わってきます

               

              珠寶さんの師が

              花をするのに必要なのは

              「丈夫な身体と孤独に耐える忍耐力」

              これだけでいいと

               

              何をするにも当てはまるように

              私は しみじみ感じてしまいました

               

              「花をする」ことを通して

              感じられてきたことが

              粛々と

               

              削ぎ落とす 外す 手放す

              自分の心が無性に

              求めているように感じます

               

              それと

              子ヤギを見に行ったり

              | つぶやき | 13:39 | comments(0) | - | pookmark |
              手創り市終えて
              0

                4/16(日)

                雑司が谷の手創り市 出展を終えました

                エプロンをお買い上げくださった方

                気にかけてくださった方

                ありがとうございました

                 

                9-16の出展時間内において

                まぶたは開けているものの

                横になれば即寝れる時間があり

                スマートフォンに残っているのは

                代わり映えのない画像のみです

                雑司が谷は 約1年2ヶ月ぶり

                過去5回くらいは

                「柿渋で染めた布を用いて:鬼子母神会場」出展

                をしていたので

                素材だったりアイテムだったり会場だったり

                自分の中では はじめて の心持ちでした

                装飾のないすっきりとした佇まいのリネンや

                暖かい日差しに映えるチェック柄など

                使うのも作るのも

                今 自分自身が一番楽しんでいる エプロン

                 

                柿渋染め以外の布で なんて

                自分は一本筋ないな なんて

                そんなこと 思うこと時々あるけれど

                好きな布で 好きなものを

                今回は純粋な布遊びを楽しんで

                 

                出来上がった形に反応をいただき

                頭の中では次へと

                うまいこと進めそうです

                ありがとうございました

                 

                次へと

                6月 埼玉県熊谷市の金子古家具店さんで

                器作家のエンゴロさんと

                作品展示を行います

                詳細まとめ は また改めて

                 

                上の画像

                展示DMに似ていますが

                1点 異なる点があります

                 

                展示DM

                ご縁のあるお店さんに置いていただいています

                お手にとっていただけたなら嬉しいです

                ご都合が合いましたら ぜひ展示にも

                 

                よろしくお願いいたします

                (私は展示期間の5日間 全て居ます) 

                | つぶやき | 13:26 | comments(0) | - | pookmark |
                のんびり高知して
                0

                  はじめての高知

                  300年の歴史があるという

                  「日曜市」に行ってみたくて

                  その他は全く予定のない旅

                  日曜市で地元のおばあちゃんから購入した

                  田舎寿司 たけのこ寿司

                  美味しかったな

                  地元の農産物直売所に たけのこが並び出したら

                  作ってみたいな

                  酢飯に生姜と柚子と胡麻を混ぜて

                   

                  田舎寿司で朝食を済ませたあと 桂浜

                   

                  旅に出るということは

                  自分にとって非日常を感じる機会でもあるけれど

                  そこで出会うのは

                  そこに住む暮らす人の普通の日常

                   

                  みんな淡々と

                  その場所でその時にやるべきことを

                  やっているんだよなーっていう

                  それを(改めて)感じられるのが

                  私なりの旅の楽しみです

                  | つぶやき | 15:22 | comments(0) | - | pookmark |
                  穏やかなおばあちゃん
                  0

                    満期を迎える10年定期のがん保険

                    わけもなく長生きするだろうと思っていた父が

                    あっという間にこの世を去ったあと

                    落ち着いた頃に加入してから

                    もう10年

                     

                    この10年間

                    仕事も住む場所も 考え方も

                    生き方の変わった10年

                    自ら選んだのだから 変えた10年

                     

                    新たに選択した保険は 終身

                    どんな人生になるのだろう

                    これからも 選んでいくんだ

                     

                    風のない穏やかな日

                    脚立に登って

                    ノコギリ片手にユーカリを伐採していたら

                    手押し車を押して散歩している

                    近所のおばあちゃんが

                    「こんにちは〜」って

                     

                    で 脚立の上から

                    「こんにちは〜」って

                     

                    穏やかなおばあちゃん

                    ああいう風に 歳を重ねたい

                    | つぶやき | 20:07 | comments(0) | - | pookmark |
                    綿100%のツイル生地
                    0

                      ワークウェアの要素が好きな私は

                      端にミシンをかけて仕上げています

                      (かけなくても それはそれで

                       出来上がりの状態)

                      ミシン部屋の前にある柚子の木に

                      一羽の鳥がやってきて

                      柚子を突っついていました

                      酸っぱくないんだろうか

                       

                      ある日うたた寝をしていたら

                      鳥の集団がやってきて

                      ギーギーと騒がしかったのです

                       

                      ああ騒がしい と思いつつ

                      なんとなくぼーっと見続けていたら

                      あっち行ったりこっち行ったり

                      毛(羽?)づくろいしたり

                      仲間割れ(じゃれていた?)したり

                      忙しそうでした

                       

                      日の出と共に動き出して

                      日中 餌探しや毛づくろいに勤しんで

                      日没のあとには見かけなくなる

                       

                      空を自由に飛び回る鳥の姿を見ては

                      「鳥はいいなー鳥になりたいなー」なんて

                      自由気ままなことを思っていたけれど

                      想像以上に 鳥の日中は慌ただしそう

                       

                      一日の過ごし方

                      鳥に見習おう

                       

                      日夜問わず騒がしいのは

                      人だった

                      | つぶやき | 15:56 | comments(0) | - | pookmark |
                      | 1/22PAGES | >>