CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< RUSTIC -ひびきや編- | main | 告知 ひと休憩 >>
RUSTIC -kuu…(空創舎)編-
0
    9/11(金)〜13(日)開催の企画展【RUSTIC】
    (概要は こちら をご覧ください)

    ドライフラワーアレンジメント作品で出展される
    kuu…(空創舎)さんのご紹介です。
    会場である ひびきやさん店内に飾られている
    ドライ素材の額装作品(上画像)は
    kuu…(空創舎)さんが制作されたものです。

    「空間創造」と「舎」を組み合わせた造語を屋号とする
    空創舎 さんは庭づくりのプロです。

    空創舎さんが好む
    古道具・ブロカント(美しいガラクタ が語意)を使用したり
    または そのようなモチーフを1から創りあげたり。

    庭造作 のみならず
    空創舎さんが得意とするテイストやニュアンスでの
    店舗内装設計 などなど…
    幅広いお仕事をされている印象です。

    庭から出展風景まで
    instagram で一覧をご覧いただけます → コチラ

    kuu… という名でイベントに出展される際は
    主にご自宅で採取された素材(ドライ加工された植物・花)を用いた
    花小物やリース・木工品などを出品されています。

    今年5月にイベント出展された際の様子↓


    庭づくりのプロ・空間創造のプロに頼るかたちで
    前回の企画展では 会場全体の配置などを
    決めてもらいました。

    今回の全体像も
    kuu…(空創舎)さんに決めていただくことになるでしょう。

    今年4月にイベント出展された際の様子↓

    企画展について話をしている時だったと思いますが
    作品制作において呟かれた言葉を
    覚えています。

    「空創舎として手がける仕事は
    クライアントであるお客様の要望を叶えることが第一で
    そうした業務の日々の中で
    "自分がつくりたいものをつくってみたらどうなるんだろう"と
    始めたのが kuu…としての活動」
    で あると。

    私自身も ご依頼品を制作することがありますが
    「柿渋の」を前提として
    お話をいただくことが多いので
    どちらかといえば "私寄り" な制作かと思います。

    クライアントの要望に応えること
    一方で 自分と向き合うこと。
    自分自身に置き換えて
    しばし考えてしまいました。
    今回の企画展フライヤーに使用した画像は
    kuu…(空創舎)さんの素材箱です。

    前回(1月)開催時の展示風景です。


    とあるクラフトフェアの
    選考委員さんのコメントの中で
    今回の企画展示に向けて
    参考にしたい言葉がありました。

    「訪れたお客様の生活に作品が溶け込めるのか
     取り入れられるのか」

    花のある暮らし
    植物のある暮らし

    ひびきやさんという "おうち"ロケーションを背景に
    「自分自身の生活の中に取り入れたらどうなるんだろう」なんて
    そんな想像を楽しむ気分で
    kuu…さんの作品を見にいらしてください。
    フライヤーを郵送で送らせていただいたお客様から
    郵送でお返事が届きました。
    (郵送⇔郵送…嬉しかったです)

    「(フライヤーから)秋の風を感じました」
    と ご感想。

    実際は まだまだ残暑厳しいかと思われますが
    そういう空気・風をつくれたらいいな と思います。
    | 企画展【RUSTIC】 | 17:32 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする