いっぽいっぽ
0

    今 とても心地よい疲れ

    12月にしては珍しい

    暖かさと無風の天候に

    どこかへ出なくては勿体ない気持ちになり

     

    それと

     

    ヘッドオーヴァーヒート

    とりあえず体を動かすことで和らいだらと

    食べかけのチョコレートをバッグに忍ばせ

    散歩へ

    柑橘を突く鳥

    畑の土を起こす耕運機

    私が小さな頃から操業している会社の

    エアコンの室外機の鈍い音

    集会所の裏の大木

    鳥気の無い巣

    ただ歩いているだけなのに

    一歩一歩は着実に目的地に近づいて

    約40分の道のり

     

    ワルイコト シナイデスヨー

    チカヨラセテ クダサイネー

     

     

    少し話せたような気がした子

     

    おじいちゃんと

    おばあちゃんと

    おとうさんにお線香をあげて

    帰り道は約50分くらい

    住んでいる街がとても静かで

    良かった

    | つぶやき | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |
    くもひとつない
    0

      清々しい青空

      凛とした空気

       

      冷たい北風にさらされるこの時季の布は

      きゅっと引き締まって見えるから

      好きです

       

      足を運んだ先で

      感じて嬉しいのは

      自分は自分でいい という

      安心のようなものだったり

       

      そう感じさせてくれる場所や人は

      「ゆるい」んじゃなくて

      程よい距離感がある共通点

       

      刺激

      いつの頃からか

      求めなくなりました

       

      八朔が豊作です

      | つぶやき | 14:24 | comments(0) | - | pookmark |
      making an apron
      0

        歩いて通園する幼稚園に通っていたので

        近所の幼なじみと

        行きも帰りもなんとなく一緒だったのですが

        私には時たま一人で帰りたい気持ちの時があって

        そんな時は土管の中に入り込んで

        幼なじみがすでに帰ったと思われる頃に

        一人で歩いて帰ることがありました

         

        小さい頃からそんな という感じの

        自分の記憶の中では最も小さい頃のような気持ちを

        思い出したりする最近です

         

        干してフカフカになった布団がそこに

        ストレッチまがいの行いをして

        ただ早く寝たほうがいい

        こんな気分の夜は!

        | つぶやき | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
        たてとよこ
        0

          縦糸を張っただけでなんとなく

          やりきった気分になってしまった

           

          自分用に織ってみようと

           

          欲しいものが見当たらないときは

          自分で作ってみる

           

          はじめるきっかけは

          いつもこう

           

          作れないものは

          お金を出して購入

           

          ほぼ日で現在連載されている

          「atelier shimura がはじまる。」

           

          ひとつとて同じではない色

          染めること 仕立てること

          時間 労力 思考 からの価格

           

          つくる人として「つくること」

          販売する人として「販売すること」

          消費者として「購入すること」

           

          それぞれに思うことあったりして

           

          なんかもうちょっと

          あんまり周りに迷惑をかけすぎない程度に

          わがままに

          自分勝手に

           

          言葉は荒いですけど

          「はぁ?知ったこっちゃねぇよ!」

          くらいの気概で

          つくりたいです

          | つぶやき | 12:38 | comments(0) | - | pookmark |
          冬を感じるような秋の日
          0

            既存の寸法から

            幅を+10cm / 丈を+5cm

            ご依頼制作のエプロン

             

            腰紐をゆるりと結んで試着してみたら

            より ワンピースなシルエットに

             

            これも好きだな

             

            先日出かけた

            本をテーマにしたイベント先で購入した本

            「児童文学」という分類について

            私は知識を持ち合わせていませんが

            読みやすいので

            秋の夜長に楽しんでいます

             

            谷川俊太郎さんの名前が見えたので

            購入したんですがねー

             

            姉はあまり詩が好きでないようで

            「何を言いたいかがわからない」なんて

            その昔 言われました

             

            行間とか

            文節 の 間 の 余白 とか

            そういうところに

            意図されているものを

            (もしくは意図なんて全く無いかもしれない)

            自分の置かれている環境に応じて

            身勝手な解釈と詩の言葉を

            重ね合せる楽しみがあるように

            妹は感じています

            | つぶやき | 15:11 | comments(0) | - | pookmark |
            女子会
            0

              がんばってるね と言い

              がんばってるじゃないですか と言われ

              がんばるしかないよね と言い

              がんばるのがつかれることもあるよね とも言う

               

              がんばってつかれたら

              甘いもの食べてだらだら

              そんな時もやってくるから

              やれるときは

              やりますかね

               

              やれないときは

              やらない!

              (と言い切ってみたい)

               

              試行錯誤は続くよこれからも

               

              がんばりましょうね

              おたがいに

              ほどほどに

               

              (ひとりがんばっている気で

               いっぱいいっぱいになりがちなわたしは

               "いやいや 気にかけていますよ"

               そんな気持ちが含まれた言葉で

               とても報われました)

              | つぶやき | 13:51 | comments(0) | - | pookmark |
              音楽はいつもとなりで
              0

                国分寺市 ki-to-te 直売所さんでの展示

                多くの方にご覧頂きました

                本当にありがとうございました

                 

                丁寧に穏やかな木工品を作られる前田充さん

                充さんの作品を愛情たっぷり紹介する由美さん

                2人に愛される柴犬の杢ちゃん

                 

                作品はもちろん

                お人柄に惹かれて足を運ぶ人が多いであろう場所に

                一緒に並べていただいて感謝です

                 

                もうダメかな なんて

                気落ちになることも時々

                そんな時がありながらも

                展示や出展先で頂く反応が

                作ることへの背中を押してくれます

                 

                今回の ki-to-te さんも

                まさしくそうでした

                 

                と言い終えたところで

                次回の出展・出店・展示予定はありません!

                 

                予定が無いことを前向きに

                布とかミシンとか自分とかいろいろ

                向き合いたいと思います

                 

                長らくお待たせしてしまっている

                お直しも

                instagram しばらくお休みします

                ありがとうございました

                中山うりさんのライブを

                カフェ・ラ・ファミーユで

                 

                今月リリースされた9thアルバム「マホロバ」

                ワクワクとセンチメンタルを至る所から感じる

                素敵な1枚です

                (私はただのファンです)

                 

                タイトルに綴った

                「音楽はいつもとなりで」は

                収録1曲目「ふらふらここ」の1フレーズです

                今度はランチタイムに来てみよう

                | つぶやき | 21:16 | comments(0) | - | pookmark |
                みずまわり
                0

                  吾妻渓谷と箱島湧水に行きたくなって

                  この2カ所のほぼ中間地点に実家がある母を連れて

                  走ってきました

                   

                  2カ所に興味があったのは事実の上でもう一つ

                  長距離運転が苦手な母と

                  実家に住む 昨年大きな手術を受けたお兄さんとが

                  お互い元気なうちに

                  なるべく顔を合わせてもらえたら という

                  私の勝手な気持ち は話さずに

                   

                  お兄さん 年齢に伴い足腰は弱くなりましたが

                  とてもお元気です

                  連絡しないで突然現れた妹(母)の姿を見て出た言葉が

                  「なんだ おめぇか」だったのが

                  とても可笑しかったです

                   

                  ダム工事の車両が行き来する 吾妻渓谷

                  綺麗な碧

                   

                   

                  少し足がすくんだ 予想以上の高さ

                   

                   

                  目線が 水から木々へ

                   

                   

                  その水は冷たく 口当たりはまろやかだった

                  箱島湧水

                  お水 いただいてきました

                   

                   

                   

                   

                   

                  「実際 顔が見られると安心するわね」

                  「今日は楽しかった」

                  「興味がある場所に来ても

                   わぁー!とか言わないから

                   どう感じているのかわかりにくいけど

                   お父さんもそんな感じだったよね

                   言わなくても感じてるっていうのが

                   それが あなた(私)なんだから」

                   

                  母語録でした

                   

                  気持ちを新たに

                  また明日から 

                  | つぶやき | 23:15 | comments(1) | - | pookmark |
                  起きて今日
                  0

                    20時 - 8時

                    12時間死んだように眠ってみたら

                    少し生き返ったような気がしています

                    もちろん私の部屋ではなく

                    プラハの宿泊先での窓景です

                    | つぶやき | 08:48 | comments(0) | - | pookmark |
                    っぽい/っぽくない
                    0

                      デッドストックの
                      第2次世界大戦時のフランス軍の一人用テント生地から
                      ショルダーバッグを作りました

                      ちょっと使いたい先がありまして
                      いろいろ考えて
                      幅50cm=大きい
                      マチ&ショルダー幅15cm=太い
                      ショルダー全長75cm=短い
                      バッグを作りました

                      大きい・太い・短い
                      好みがはっきり別れる寸法ですが
                      自分好みのものを
                      思いっきり作りました

                      テント生地はわたしっぽくない とか
                      「(わたしみたいな雰囲気の人に)会った」といった
                      言葉をたまにいただくと
                      【わたし】っていったいどんな感じなんだろうなぁ と
                      思ったりします

                      自分のこと
                      未だに自分自身でもわかりません

                      大きいバッグ
                      持っているのか
                      持たされているのか

                      わたしは
                      アンバランスな要素のものが好きな人間です
                      | つぶやき | 17:43 | comments(0) | - | pookmark |
                      << | 2/21PAGES | >>